施工事例

建築会社から頼まれた築3年の新築戸建て

■ 作業箇所

さや管ヘッダ―工法の給水管、給湯管の一戸建て住宅

給水:台所、トイレ、トイレ横手洗い、洗面、洗濯機、浴室
給湯:台所、食器洗浄機、洗面、浴室

■ 作業内容

量水器に圧縮空気の打込口を設置。
新築物件の為、給水栓も今時の物ばかり、出来るだけ給水栓を外してフレキにてバイパス作業を施した。
給湯器はエコキュート。エコキュートに入る補給水とエコキュートから出る給湯管を直接フレキにてバイパスして給湯管の洗浄を行いました。

■ 感想

新築なのに、砂がでる。といったクレームから洗浄依頼が舞い込んできました。
洗浄する前に各給水栓のストレーナをチェックすると、浴室の混合水栓のストレーナには確かに砂が溜まっていました。
またトイレのストレーナは綺麗だったのですが、水量がなぜか少ないといった現象がありました。
そういった状況の中でJAB洗浄をスタートしました。通常よく見られる赤水の症状は一切ありませんでしたが、蛇口の先に付けてある袋の中を確認するとやはり砂が排出されていました。
水量の少なかったトイレの補給水量もしっかりと改善され、お客様には十分喜んで頂きました。

新築物件においても施工中に入り込んだ砂、石、ほこりなどを排出する、新築引渡し前の洗浄も今後は必要なのかもしれませんね。

▼量水器に設置した打込口 ▼エコキュートの仮設バイパス設置
▼量水器に設置した打込口 ▼エコキュートの仮設バイパス設置
▼システムキッチンの下(台所の排出仮設) ▼食器洗浄機の排出仮設
▼システムキッチンの下(台所の排出仮設) ▼食器洗浄機の排出仮設
▼洗浄前の混合水栓のストレーナ ▼洗浄後の袋の中に排出された砂
▼洗浄前の混合水栓のストレーナ ▼洗浄後の袋の中に排出された砂

この事例の施工会社

北研エンジニアリング㈱

サービス対象地域:石川県・富山県・福井県

ページの先頭へ